検索
  • plus FANTASY

「葛の花」イソフラボン 町田ダンススクール

「葛の花」イソフラボン。普通のイソフラボンとは何が違うの?

葛の花由来イソフラボンとは

葛の花由来イソフラボンとは、葛湯や葛餅などで親しまれてきた葛の花から抽出した成分で、体内の脂肪の分解と燃焼を促進させることによって、脂肪を減らす働きがあるといわれていて、最近注目されている栄養素です。肝臓内で糖や脂が中性脂肪に合成されるのを抑制し、白色脂肪細胞内で中性脂肪を分解して、さらに褐色脂肪細胞内での脂肪の燃焼を促進すると考えられています。

そのため、サプリメントなどに広く使われるようになっていて、健康食品やダイエットサプリとして幅広く利用されるようになってきました。


大豆由来のイソフラボンとは何が違うの?

簡単に言えば働きが異なります。「葛の花」イソフラボンは脂肪を燃焼させる働きが期待されるのに対して、大豆由来のイソフラボンは女性ホルモンのような働きをするので、更年期障害の緩和やそれに伴って生じる骨粗しょう症の予防などの働きを期待することが出来ます。つまり、同じイソフラボンという名前ではありますが、その働きはかなり異なるという事になるのでしょう。

ですから、ダイエットや健康的に痩せたいというような人には、葛の花由来イソフラボンが良いとされるわけで、骨粗しょう症などの場合は大豆由来のイソフラボンという事になるわけです。

同じイソフラボンという名前なので、その働きも同じような働きになるとイメージしてしまいますが、異なる働きをするので注意が必要という事になるのかもしれません。原料が違っているので構造も異なるので、人の体内に入った時にどのような働きをするのかという事も異なってくるわけです。

イソフラボンを考える時には、何を原料としているのかという事も考えることが必要になるというわけで、異なる原料のモノを選んでしまうと目的の効果を得られない事にもなるので、自分が希望する働きは何かをしっかりと考えてそれに合ったものを選ぶ必要があります。


どうして問題になったのか。

消費者庁は葛の花由来イソフラボンを配合する機能性表示食品を販売する16社に、景品表示法に基づく措置命令を下しました。これは葛の花由来イソフラボンを配合する機能性表示食品の広告が誇大広告になっているというものです。脂肪燃焼を助ける働きがある、即ち痩せられるということを、この機能性表示食品を販売する会社は誇張して販売してきたわけですが、これに対して行政がその根拠は薄いという判断を下したという事になるのかもしれません。食べて痩せるなどあり得ないというのがその理由なのですが、これについては微妙なところでもあります。

販売会社としても脂肪燃焼効果を痩せるとまで言い切っているところが問題で、売れるためにはどんどんと表現が拡大していったという事は否めない事実という事になるでしょうし、これで全くの根拠なしという事になったわけではないという事も言えるでしょう。問題は誇大な表現になっていたところであり、実際の働きが否定されているわけではないという事にあります。


ちゃんとした摂取と運動で効果は上がる?

機能としてそうした働きがあるわけですから、ちゃんと摂取して運動をすれば効果は出るという事になります。問題とされたところは、運動することも食事制限をすることも無く痩せられるというような拡大解釈のようなところが問題となっただけの事であって、葛の花由来イソフラボンの機能そのものが間違っていたというわけではないという事です。

拡大解釈がかなり行き過ぎていたので、脂肪燃焼を助けることがそのまま痩せるという事に直結し、何もしないでも痩せるというような表現が飛び出したりしているところに問題があったわけです。ちゃんと摂取してしっかりと運動をすれば、当然その効果も出てくることになります。このことは、問題を指摘されていない企業の商品がある事からも分かります。つまり、誇大広告ではなく、しっかりと情報を説明している商品については問題を指摘されていないという事です。ですから、この栄養素の働きそのものが否定されたわけではありません。"

0回の閲覧0件のコメント