検索
  • plus FANTASY

ちょっとした工夫でできる!プチ断食について 町田ダンススクールFANTASY

ちょっとした工夫でできる!プチ断食について

プチ「断食」とは

断食と聞くと食べ物も飲み物も口にすることなく、修行のようなイメージを持つ人も多いですが、プチ断食は全く違うものです。プチ断食とは1日間だけ飲み物だけを飲んで食事を我慢する断食方法をさしています。つらく苦しいイメージも持たれますが、そこまで厳しいものではありません。プチ断食の方法には水だけの断食や砂糖水だけの断食など様々な種類の方法がありますが、共通のルールとして水分は口にしてもいいけれども固形物は口にしてはならないというルールがあります。これらの方法により内臓を休ませることが大きな目的です。 プチ断食のやり方 "プチ断食を始めるにあたり、まずは自分自身の体に、これから断食をするということを知らせるために準備期間を設ける必要があります。準備期間として断食の1日前の夕食の量は少なめにしましょう。そしてプチ断食の当日は固形物を摂取することなく、飲み物だけで1日を過ごします。その翌日が一番大切だともいわれている回復期です。朝から固形物を食べても特に問題はありませんが、それまで断食をしていたのに急に固形物を体の中に入れてしまうと、体が対応しきれなくなってしまう可能性があります。そのため少しずつ自分の体の様子を見ながら普段の食事に戻していくようにしましょう。

その際に脂っこいものはなるべく避けた方がよいといえます。通常の食事に戻すといっても、これでは胃に大きな負担がかかることになるでしょう。また胃に負担がかかるだけではなく、せっかく小さくなった胃が大きく膨らむことにもなり、余計に太ってしまうことも考えられます。そのため少しずつ食事の量を増やしていくことがポイントです。普通の食事の量に戻すためには、二日ぐらいかけるつもりで食事の量を増やしていくと考えておくとよいでしょう。

仕事をしている人は仕事中にプチ断食をすると支障をきたす可能性があるので、休日を使ってプチ断食をすることにより体への負担は少なくなります。


プチ断食による効果

プチ断食の効果としてまず第一に腸がきれいになるということが挙げられます。プチ断食をすることによって食べ物が体の中に摂取されなくなると、腸がしっかりと休まることになります。これまで消化に使われていたエネルギーが、血液の循環や代謝に使われることとなり、腸にたまった老廃物は排出され腸がきれいになるでしょう。

そして摂取カロリーが少なくなることにより、これまで体にたまっていた脂肪が分解され、エネルギーを生み出そうとするため、ダイエット効果を得ることもできます。脂肪に多く蓄積している化学物質や金属などの有害物質も一緒に分解されて排出されることから、デトックス効果も高いと言われています。プチ断食をおこなうことで不足したエネルギーを補うために血中の悪玉コレステロールを使用することになるため、コレステロール値を下げる効果も期待できます。

また内臓の働きが良くなることで血液の巡りも良くなるので、冷え性や肩凝りなども改善するといわれています。



プチ断食の際の注意点

プチ断食をおこなう際には、断食をおこなっている時間以外のスケジュールもしっかりと立てる必要があるでしょう。始める前には準備期を設けて、終えた後には回復期を設ける必要があります。プチ断食をはじめる数日前からは出来るだけ胃腸に負担のかからない食事をとるようにして、腹8分目で抑えておくようにしましょう。また食事だけに気を付けるのではなく、アルコールやお菓子などの嗜好品の摂取することはやめて、前日の夕食はおかゆやスープなどの優しい食べ物を摂取するように心がけます。プチ断食を終えた後も胃腸の負担にならないものを摂取し、少しずつ通常の食事に戻す必要があります。

プチ断食は健康な状態にある人が行えるものであり、体調に問題がある人が行うと危険を伴う可能性があります。妊娠中や授乳中の女性や持病を抱えている人、疲労感やストレスがたまっている人はプチ断食は絶対に行わないようにしましょう。

口断食中には集中力が低下したりいらいらしやすくなることも考えられるので、無理のない範囲で行い、場合によっては中止することも大切です。

0回の閲覧0件のコメント