検索
  • plus FANTASY

カラダを維持する「ミネラル」の役割 町田ダンススクール

カラダを維持する「ミネラル」の役割

ミネラルとは

健康のためにはミネラルが必要になりますが、そもそもミネラルにはどのような意味があるか知っておくべきです。ミネラルとは無機質のことを意味していますが、例えばカルシウムや鉄そしてナトリウムがこれにあたります。これらの特徴は、人間の体でつくることができない点です。そのため、定期的に食べ物や飲み物から取るしか方法がありません。

ミネラルが体の中に存在することで、体の組織を作ることができ、それに加えて健康を維持することが可能になります。


「ミネラル」とカラダの深い関係

ミネラルは、健康に生きていくうえで必要なものになりますが、比較的重要なものの一つとしてカルシウムがあります。カルシウムは骨や歯そして爪などを作る重要な成分の一つですが、これが不足してしまうと年齢を重ねてから骨粗しょう症などになりやすくなるだけでなく、爪や歯が壊れやすくなる傾向があります。特に骨折した場合には、なかなか治ることがないためあらかじめ骨折をしないように頑丈な骨を作っておくことが必要でしょう。

もう一つ重要なことは、鉄分になります。鉄分が不足してしまうと貧血を起こす可能性があるため定期的に鉄分を吸収しておくように心掛ける必要があります。特に女性の場合は、生理などで血液が不足してしまうことがあり貧血が起きやすいです。

このように、ミネラルには体をつくるだけでなく健康維持するために必要な働きを持っていますが、逆にたくさん摂ってはいけないものも存在しています。その一つが、ナトリウムになります。ナトリウムは、食塩やしょうゆなどに含まれていますが、適度に摂取する分には良いとしても、過剰に摂取してしまうと高血圧や脳卒中になる可能性が高くなるでしょう。一度高血圧になってしまうとなかなか治ることがないため、早い段階でナトリウムの取り過ぎを意識するべきです。



ミネラルの種類と働き

体に必要なミネラルといっても、実は様々な種類があります。比較的重要になるのは鉄やカルシウムですが、鉄はわかめなどの海藻類やシジミなどの貝を食べることで体の中に入れることができます。また、レバーや緑黄色野菜にも含まれているのが特徴です。これらは、それほど意識しなくても普通に食事をしていれば摂取することができるためそれほど不足する心配はありません。ただし、ファーストフードばかり食べている場合には、十分に体の中に必要な栄養が吸収できない可能性があるため食事を見直すべきです。

カルシウムは、牛乳や小魚などに多く含まれていますが、大豆や緑黄色野菜にもいくらか含まれています。骨を強くしたい場合には、積極的に小魚を食べたほうがよいです。牛乳もよいですが、魚からとるカルシウムの方が体に残りやすいため、迷った場合には小魚を多く取るようにしましょう。

それ以外にも、カリウムやナトリウムそして亜鉛などもミネラルの一種とされています。


ミネラルが不足すると

ミネラルが不足してしまうと、体調が悪くなり体に悪い変化が起こる可能性があります。これは体の働きだけでなくそれぞれの機能も低下することから、ちょっとしたことで体調が悪くなったりけがをするなどの傾向がみられるでしょう。具体的にいえば、肌が老化してしまうのはミネラルが原因とされていますので、アンチエイジングの一つとして積極的に口の中から入れるべきです。また体温調整の意味もありますので、冷え性の人などは特に重要な成分の一つです。

そのため、意識してミネラルを体に吸収する必要がありますが、食べ物や飲み物から吸収しても考えていたよりも不足していることがあります。例えば、鉄分が多く含まれているホウレンソウは、昔よりも鉄分のその含有量が減少しているとのデータがあります。少しでも多くミネラルを体の中に吸収したい場合には、食べ物だけでなくサプリメントなどを積極的に使うことも必要です。継続的にサプリメントを口に入れることで、将来の不安をなくすことができるでしょう。

0回の閲覧0件のコメント