検索
  • plus FANTASY

ダイエットにも、健康にも!「チートデイ」とはいったい!? 町田ダンススクール

ダイエットにも、健康にも!「チートデイ」とはいったい!?

減量する時に必ずきてしまうもの「停滞期」

理想の体重を実現するためのダイエットやスポーツで規定以下の体重に減らすためなど減量をする理由は様々ですが、どういった理由で減量をしていても必ずきてしまうものが停滞期です。その名の通りこれまでと同じように減量に励んでいるにもかかわらず体重の減少ペースが急激に落ち込んでしまう時期のことですが、これは避けることが出来ません。

なぜなら、停滞期はカロリーの減少を抑えて脂肪を蓄えようとしている人間の身体が本来持っている防衛本能だからです。


減量期に取り入れたい「チートデイ」とは?

減量をしているときに訪れる停滞期に対するアプローチをしないままでいると、体重の減少ペースが落ち込んだままになってしまいます。しかし、停滞期を打破できるアプローチをすることで従来の減量ペースを取り戻すことが可能になります。そのアプローチがチートデイです。

チートとはだますという意味を持つ英語で、チートデイを直訳するとだます日という意味になります。では何をだますのかというと、自分自身の身体をだますのです。具体的には、減量中は食事の量を減らしてカロリーを出来るだけ摂取しないようにすることが求められますが、チートデイにはその制限を外して高カロリーの食事を取るのです。そうすることで身体は十分にカロリーが補充されたと認識し、停滞期を終了させます。そして翌日からは再び原料にふさわしい低カロリーの食事に戻し、減量を続けるのです。チートデイを取り入れることで、停滞期を打破して効率よく減量することが可能になります。

チートデイを取り入れる際に大切なことは、高カロリーの食事を取るのは一日だけに限定するという点です。停滞期を打破するためには一日で十分であり、それ以上の日数に渡って高カロリー食を食べ続けると原料の意味が無くなってしまいます。


「やけ食い」ではないチートデイの食事

減量をしている時期に高カロリーの食事を取るというといわゆるやけ食いを連想してしまいますが、チートデイの食事はただカロリーの高いメニューを思うがままに食べるのではなく、綿密な計算に基づいてカロリーを摂取することが必要です。

チートデイに摂取するカロリーは減量をしている期間に摂取している平常的なカロリー以上の数値が目安になります。逆説的には、平常的なカロリー以上のカロリーを摂取することさえ出来れば食事のメニューは問われないため好きなものを好きなだけ食べることができるのです。これは身体が停滞期を打破できるという意味があるだけではなく、精神的にも大きな解放感が味わえます。しかし、チートデイは一日だけに限らなければなりません。このポイントがやけ食いとは異なることであり、自分を律しなければならない重要なことでもあります。身体に停滞期を終了しても良いという合図を送るためには、一日だけの高カロリー食で十分なのです。


チートデイを成功に導くコツ

チートデイは体重を減らすペースを維持して目標を達成するために欠かせないことですが、一歩間違えるとこれまでの努力が無駄になってしまう可能性もある一手です。減量中は食事の量を制限されるだけでなく好きなものを食べることが出来ないためストレスが溜まります。すると精神的に苦しい状況に置かれてしまい、チートデイにそのストレスを一気に解放して好きなだけ食べてしまうことで翌日以降に再び減量を続けることが出来ないということが起こりうるのです。

そういった失敗をせずチートデイを成功に導くためには、自身のメンタルをコントロールすることが大切です。減量期間中に好きなものを好きなだけ食べることによってストレスがリセットされるという効果があることは確かですが、その日のために普段の減量を頑張るという考え方でいると失敗に終わってしまいます。そのため、チートデイはあくまで小休止であるということを常に意識し、体重を減らすことを成功させるための強固な意志を持たなければならないのです。"

0回の閲覧0件のコメント