検索
  • plus FANTASY

ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切 町田ダンススクール

ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切


運動や食事制限などでダイエットを実行していると、必ず停滞期というものがあります。スリムになりたいからとダイエットを始めたのにしばらくするとやる気が起きなくなるのは、この停滞期が発声するためです。大抵の人は、ダイエットを開始すると、その時は体重が順調に減ります。今までとは食事の量を変えたり、運動量を増やしたりするので、体に影響が出るのです。しかし、ダイエットを始めてから何日か経過すると、始めのうちは順調に減っていた体重が急に減らなくなってしまいます。これが停滞期と呼ばれています。ひとたび停滞期に突入すると、体重の減りが急に悪くなって、ほとんど減らなくなってしまったりします。こうなると結果が見えないためにやる気が失せてしまい、ここでダイエットを諦めてしまうというケースも多いようです。しかし、停滞期はダイエットが順調に進んでいる証拠でもあります。多くの人が挫折してしまうのですが大変もったいないことなのです。唐突にカロリー摂取量が減ると、それでも身体機能に支障が出ないよう、代謝を抑え、エネルギーを使わないようにと体は反応します。1日に摂取できるカロリー量が少ない日が続いても、身体は正常を維持できるように人の体は代謝を低下させ、体脂肪を一層溜め込もうとするのです。ダイエットに停滞期があることを知らないと、このくらいの次点でダイエットをやめてしまうようです。ダイエットのために減らした食事や運動に体が慣れてくると、停滞期になってきます。停滞期こそしっかり運動をして、カロリー制限をすることで、脂肪は減り、筋肉がついた体になれます。体重が落ちにくくなったとしても、痩せにくくなっているわけではないので、焦らずにそのまま運動や食事制限を続けていくうちに再び体重が減る時期がやってくるのです。


町田ダンススクールFANTASY

1回の閲覧0件のコメント