検索
  • plus FANTASY

ダイエット向きの食材とは? 町田ダンススクール

ダイエット向きの食材とは?

減脂肪食材と成分で体脂肪を減らそう

体脂肪を減らすためには運動以外にもダイエット向きの食事を摂取する事が大切になります。特に脂肪を減らしてくれる食事を心掛ける事で、ダイエットを成功させる手段にもなる為、食材の成分をよく理解して摂取する事が大切です。脂肪を減らす食事を続けることで、無理なくダイエットを行うことが出来るため、日々の食事に少しずつ取り入れるようにしましょう。毎日食べ続けることで、体脂肪が減り、身体に良い変化をもたらしてくれるはずです。


代謝を促進し、体脂肪を燃えやすくする食材

体脂肪を燃やしてくれる食材は身近な食材でもある肉類になります。肉類には多くのビタミンが含まれており、その中でもビタミンB群には糖分や脂肪を燃焼させてくれる効果を多く持っています。主に豚肉に含まれている事が多いので、豚肉を中心とした献立を考えてみるのも良いでしょう。

他にも肉類にはLカルニチンが含まれており、脂肪分解酵素を持っているので、直接脂肪に働きかけてくれます。Lカルニチンは豚肉だけではなく、牛肉にも含まれているので、積極的に摂取していきましょう。

次に体脂肪を燃えやすくする食材がキムチなどのカプサイシンが配合されている物です。キムチはスーパーなどでも人気の商品で直ぐに手に入りやすいので、ストックしておくと日々の食生活に簡単に取り入れる事が出来るので、非常に便利です。

カプサイシンの効果はホルモンを刺激して、エネルギーの消費を多くしてくれるので、脂肪を一緒に燃やしてくれます。

最後はにんにくに含まれている成分を摂取する事で、直接体脂肪に働きかけてくれるので、コレステロールや中性脂肪などを下げる効果があります。社会人や学生の場合はにんにくを平日に食べるのが難しい方は休日の食事に取り入れて見て下さい。


糖質や脂質などの吸収を阻害する食材

糖質や脂質などの吸収を阻害する食材で有名なのがウーロン茶になります。ウーロン茶にはポリフェノールが多く含まれており、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。油っこい食事とも合いますので、毎日飲むようにするとダイエットにも繋がります。ウーロン茶なら自分でウーロン茶の葉を購入することで、自宅でも簡単に作れる為、とても便利です。ポリフェノールは赤ワインなどにも含まれていますが、お酒が苦手な方はウーロン茶から摂取する様にしましょう。

次に食物繊維が多く含まれている食材も糖質の吸収を抑えてくれます。わかめ等の海藻類に多く含まれているので、お味噌汁にすると毎日でも手軽に摂取する事ができます。今は乾燥されたわかめも販売されているので、お味噌汁ならお湯に戻す事もなく、直ぐに作る事ができるので、自炊にはとても便利です。キャベツにも食物繊維が含まれているので、サラダなどを普段の食事に一品付け加えると良いでしょう。


注目成分「イヌリン」イヌリンは近年から注目されている成分になり、食物繊維と同様に糖分を抑える効果が期待できます。

イヌリンが含まれている食材は玉ねぎやごぼうなどの根野菜類が多いので、手軽に食事に取り入れる事が可能です。注目成分でもある為、サプリメントも数多く販売されており、自炊をするのが難しい方にもお勧めです。イヌリンは糖分を抑えてくれるため、血糖値の上昇も抑える事ができるので、血糖値が気になる方にもお勧めの成分と言えます。非常に水に溶けやすい成分でもあるので、調理をする時にはイヌリンが溶け出してしまわない様に調理方法を考えることも必要です。

スープと一緒に食べることの出来るクラムチャウダーや、カレーライスにするとイヌリンが溶け出しても摂取する事ができるので安心です。また根野菜に多く含まれる成分にはなりますが、他の植物類にも含まれているので、自分の食べやすい食材で含まれている物を選ぶと継続して摂取する事が可能です。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示