検索
  • plus FANTASY

痩せ菌とも呼ばれる「酪酸菌」その効果に迫る 町田ダンススクール

痩せ菌とも呼ばれる「酪酸菌」その効果に迫る

酪酸菌とは?

サプリメントなどを摂取していると、体重を落とすことができる場合があります。ただ、やみくもにサプリメントを飲んでみても体重が落ちるわけではありません。事前にしっかりとその成分を確認しておく必要があります。この点、酪酸菌は体重を落とすことができるとされています。もともとこの菌は、腸にとっては非常に重要なもので、必要不可欠になります。もともとはバターから取り出したものですが、熟した銀杏のにおいなどになっている点が特徴です。 乳酸菌との違い "酪酸菌は体の中にある菌ですので基本的には乳酸菌と一緒に生活しているようなものです。乳酸菌との腸痛点は、ともに悪玉菌の繁殖を防ぐ役割があります。つまり、いずれの場合も摂取することで体調不良を避けることができ、また胃腸を健康にします。

酪酸菌の特徴は、体内に入ると胃液にも負けない力を持っており自らの身体を芽胞で守るのが特徴です。乳酸菌に関しては胃液に触れてしまうとなくなってしまいますが、この点が一番大きな違いと言えるでしょう。つまり、身体の外から体内に入れた場合には、途中にある胃液を通り健康な状態で腸の中にはいって行きます。

また、高熱に強いのも特徴といえるでしょう。乳酸菌の場合はそこまで熱に強くないため、ある程度温めてしまうと消えてしまいますが、酪酸菌の場合にはそれなりに熱に強いため温めた飲み物にしても体内で効果を発揮するでしょう。

具体的には、80度のお湯の中に30分あるいは90度のお湯の中に10分入れた場合には、100パーセント生存するのが特徴です。80度の温度は人間の皮膚に触れると火傷するほどの温度ですが、それでも生き残るのはかなり生命力が高い証拠です。100度のお湯の場合には5分間つけておいても30パーセントほど生存しています。


痩せ菌と呼ばれる由来

酪酸菌が痩せ菌と呼ばれていますが、なぜこのように呼ばれるかといえば体の中で消化をよくする働きがあるからです。通常消化が悪いものを食べた時には体内で余計なカロリーまで吸収してしまい体重が増えてしまう可能性があります。もちろん1回や2回程度では増えませんが、長期的に消化の悪い状態だと体重が増える可能性があります。

ですが酪酸菌をとることで腸での消化がよくなり、無駄に脂肪をつけない働きがあるわけです。結果的に体重が落ちやすくなり、それが痩せ菌と呼ばれるゆえんです。ただし、酪酸菌をとれば必ずやせるわけではありません。例えば、酪酸菌を接種するために毎日サプリメントを飲んでいるならば、食事もある程度制限する必要があるでしょう。自然な感じでやせることができるのが魅力ですので、不自然な食べ方をして普段よりも多くのカロリーを摂取してしまった場合には体重が増える可能性があります。無理してファスティングなどをする必要はありませんが、ある程度食事の量を減らしましょう。



乳酸菌と最強タッグ!?

乳酸菌と酪酸菌はともに腸の中で成長していきますが、いずれも体調管理やダイエットには重要なものになります。酪酸菌を接種する場合でも、単独で摂るのではなく乳酸菌と一緒に摂った方が相乗効果が出るためより短い期間で体重を落とすことが可能になるでしょう。もちろん、その期間に食べ過ぎてしまうと本来落ちるはずの体重も落ちることがありませんので注意をしましょう。確実に体重を落としたい場合には、定期的に運動することも重要になります。

ダイエットの一面が注目されていますが、体調管理をするうえでも非常に重要な菌です。人間の体調不良のうちおよそ6割ほどは腸の健康と関係があるとされています。風邪をひきやすい人や、体調が悪くなりやすい人は、腸に原因があるといっても言い過ぎではないわけです。裏を返せば、乳酸菌と酪酸菌を摂取して腸の状態をよくしておけば、そう簡単に体調を崩すことは考えにくいです。酪酸菌は、ぬか漬けなどから取ることができますが、最近はサプリメントから取るのが一般的になります。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示