top of page
  • 執筆者の写真M CS

HIPHOPとJAZZの違いって?「町田FANTASY」で学ぶダンスジャンルの特徴と見分け方を解説


HIPHOPダンスとJAZZダンスというジャンルは聞いたことがあるけれど、正確な違いを聞かれるとよくわからないのではないでしょうか。

HIPHOPダンスとJAZZダンスは、ダンスジャンルの中でも動きが大きく異なるジャンルです。

HIPHOPダンスはパワフルな動きを多用する一方で、JAZZダンスは優雅に流れるような動きが特徴です。 それぞれリズム感を養うためのトレーニング方法や表現力を磨くための練習方法があります。 「町田FANTASY」では、HIPHOPダンスとJAZZダンスのレッスンを開催しています。

HIPHOPダンスとJAZZダンスの違いを知り、自分に合ったダンスジャンルを見つけましょう。

dance 女性

HIPHOPとJAZZの違いとは? HIPHOPとJAZZはいくつかの相違点があります。 まず、HIPHOPダンスはストリート感溢れるリズムが基礎となるダンスで、パワフルなムーブメントを多用します。 一方JAZZダンスは、優雅で流れるムーブメントを表現することが特徴です。 また、HIPHOPダンスではパワームーブを、JAZZダンスではターンをよく使います。 パワームーブは身体の力を使って大きくジャンプするような動きで、ダイナミックな印象を与えます。 ターンは足を回転させることで体を軸にして一転する動きで、JAZZダンスではよく用いられます。 さらに、HIPHOPダンスの要素であるアイソレーションは身体の一部を動かして表現する方法で、ダンサーの個性を表現できます。 一方、JAZZダンスの要素であるシンクロナイズドムーブメントは、複数のダンサーが同じ動きをすることで協調性を表現します。 HIPHOPダンスの特徴とは?ストリート感あふれるリズムの基礎となるムーブメント HIPHOPダンスは、アフリカンアメリカンのラテン系の若者たちのストリートで生まれた文化的なダンススタイルです。

HIPHOPダンスの特徴は、ストリート感あふれるリズムの基礎となるムーブメントです。

このダンスは身体を柔らかく動かし、リズムに合わせて踊ることが特徴的です。

スタイルやテクニックは多様で、フリースタイルやブレイクダンスなど、様々なスタイルがあります。

HIPHOPダンスの基本的なムーブメントには、アップロック、ダウンロック、フリーズ、トップロックなどがあります。

アップロックは足の動きを中心としたダンスで、ダウンロックは床に近い姿勢でのダンスです。

フリーズは一瞬止まることで、ダンスに強い印象を与えます。

トップロックは足の動きを中心にしたダンスで、高速で行われることが多いです。

HIPHOPダンスは、ストリートダンスの要素を持っているため、フリースタイルやブレイクダンスなどのスタイルによって、独特のリズム感が生まれます。


HIPHOP


JAZZダンスの特徴とは?洗練された動きが魅力のジャズダンスの基本ステップ JAZZダンスはミュージカルや舞台などで幅広く使われるダンスのジャンルです。 HIPHOPダンスとは異なり洗練された動きが特徴的で、曲調やテーマに合わせた表現力が求められます。 JAZZダンスの基本ステップは、タップダンスを起源とするキャバレーダンスから発展したもので、スイング感のあるリズムに合わせた柔らかな動きが特徴です。 そのため体幹や筋肉を使ったしなやかな身体表現が求められます。

また、手や腕の動きも重要で、ステップとともに華やかな動きをしなければなりません。 さらに、JAZZダンスには「ターン」と呼ばれる特徴的な動きがあります。 ターンは足を回転させることで体を軸にして一転する動きで、JAZZダンスではよく用いられます。 JAZZダンスでは、雰囲気やストーリーに合わせた演技を行うことが求められます。

JAZZ 

HIPHOPダンスでよく使われるパワームーブとは? HIPHOPダンスは、リズミカルな音楽に合わせて様々な動きを取り入れたダンススタイルです。 その中でも力強い動きを表現するパワームーブはHIPHOPダンスの醍醐味の1つです。 パワームーブにはダンサーが大きな力を込めて躍動感溢れるダンスを表現するための技術が必要となります。 代表的なパワームーブとしては、バックスピンやフリーズ、パワーダンスなどがあります。 バックスピンは足先を地面に固定して体を回転させ、背中を地面につけながらスピンする技術です。 フリーズはダンサーが一瞬身体を固定する技術で、ダンスのテンポやリズムを変化させるのに用いられます。 パワーダンスは高速で回転しながら大きなジャンプをするダイナミックな技術です。 これらのパワームーブは、HIPHOPダンスの魅力を引き出す重要な要素であり、ダンサーの技術力や表現力を評価する際にも重要なポイントとなります。 JAZZダンスでよく使われるターンとは? JAZZダンスでよく使われるターンはダンスの中でも重要な要素の1つで、スピンや回転などを指します。 基本的にはバレエから影響を受けたものが多く、美しいラインを描くように踊ることが求められます。 JAZZダンスでよく使われるターンには、ピルエットやターンアラブスク、ジャンプターンなどがあります。 ピルエットは足をクロスして回転する動きで、繊細で美しいラインを描けます。 ターンアラブスクとは足を軸に回転する動きで、脚を高く上げて踊ることです。 ジャンプターンはジャンプしながら回転する動きで、ダイナミックな表現ができます。 JAZZダンスでは、ターンをきれいに決めることが重要です。 ターンの要素をうまく取り入れ美しいラインを描くことで、ダンスの魅力を高められます。 HIPHOPダンスの要素であるアイソレーションとは? HIPHOPダンスの要素の1つに、アイソレーションという技術があります。 アイソレーションとは、特定の部位を動かしながら他の部位を静止させる技法で、腰や肩、首などを使って踊り手の身体を1つの楽器のように扱います。 アイソレーションは、リズム感や音楽の表現力を高めるために使われます。 特にHIPHOPダンスでは、重低音の効いた音楽に合わせて腰をグルーヴするアイソレーションが多く使われます。 身体がリズムに乗ると、強烈なストリート感が生まれるでしょう。 基本的には身体の各部位を独立して動かすことが求められます。 たとえば腰だけをグルーヴさせたり、胸だけをポップさせたりします。 また、アイソレーションはダンスの中で頻繁に使われる技術であるため、初心者でも練習を重ねることで比較的簡単にマスター可能です。 正しいやり方をマスターするためには、指導者のもとで練習をするのがいちばんでしょう。 JAZZダンスの要素であるシンクロナイズドムーブメントとは? JAZZダンスの特徴として挙げられる要素の1つに、シンクロナイズドムーブメントがあります。 これは複数のダンサーが同じような動きを同時に行うことを指します。 シンクロナイズドムーブメントは、チームワークや協調性を必要とするような技術要素であり、ダンスチームの競技でも高く評価される要素の1つです。 JAZZダンスでは、複数のダンサーが同じようなステップやアームワークを同時に行い、一体感のあるパフォーマンスを生み出します。 シンクロナイズドムーブメントには同じような動きをするだけでなく、反転した動きや対称的な動きなど、さまざまなバリエーションがあります。 繊細な動きやタイミングを合わせることで、まるで1つの生き物のようなパフォーマンスを見せることができるのです。 このようにJAZZダンスは洗練された動きとともに、シンクロナイズド・ムーブメントという要素が重要です。 HIPHOPダンスのリズム感を養うためのトレーニング方法とは? HIPHOPダンスは、正確なリズム感が必要不可欠です。 しかし、リズム感に自信のない人もいるかもしれません。 そこで、HIPHOPダンスのリズム感を養うためのトレーニング方法を紹介します。 まず、楽曲をよく聴くことが重要です。 音楽に合わせて身体を動かすためには、楽曲をよく理解することが大切です。 普段からHIPHOPダンスの楽曲を聴いて、リズム感を身につけましょう。 また、ダンスをする前には楽曲に合わせて手や足を叩いたり、口ずさむ練習をすることも効果的です。 次に、カウントに合わせて身体を動かすことも大切です。 HIPHOPダンスは楽曲のリズムに合わせてステップを踏むだけでなく、カウントに合わせたムーブメントが多くあります。 取り組む際にはリズム感を養うことも忘れずに、楽しく踊ってみてください。

JAZZダンスの表現力を磨くための練習方法とは? JAZZダンスは表現力を磨くことが重要です。 そこで、JAZZダンスの表現力を磨くための練習方法を紹介します。 ジャズダンスは、音楽とダンスが一体となって表現されることが多いため、音楽のリズムやメロディーに合わせた表情や動きをすることが大切です。 まずは音楽に合わせた表情や動きをすることで、ダンスの表現力を向上させます。 次に、ダンスのストーリーやテーマに沿った表現をすることが重要です。 ストーリーやテーマに沿った表現をすることで、ダンスの表現力がより深まります。 また、トレーニング力を磨くためには、表現力を引き出す演技力が必要です。 表情や身体表現を鍛えるための演技表現力のトレーニングはJAZZダンスに限らず、どのようなダンスにも役立ちます。

表現力を引き出す演技力のトレーニングを行うことで、ダンスの表現力が向上します。 HIPHOPとJAZZの違いを理解し、「町田FANTASY」にて自分に合ったダンスジャンルを見つけよう! HIPHOPとJAZZはダンスの中でも代表的なジャンルの1つですが、それぞれ独自の特徴を持っています。 HIPHOPはストリートダンスで、リズムに乗って体を動かすことが基本的なものです。

一方JAZZは、音楽に合わせてしなやかで流れるような動きが特徴的で、バレエや現代舞踊の要素も含まれています。 それぞれ違いがあるため、自分に合ったジャンルを選ぶことはとても重要です。 自分が興味を持っているジャンルを選ぶことで、継続的な練習ができます。

自分に合ったダンスジャンルを見つけるためには、まずは自分自身が興味を持っていることを探すことが大切です。 もしどちらのジャンルにも興味がある場合は、両方のレッスンに参加することをおすすめします。

ダンススタジオ「町田FANTASY」ではHIPHOPダンスとJAZZダンスの両方のレッスンを開催しています。

まとめ ダンスジャンルのHIPHOPとJAZZの違いを知り、自分に合ったダンスジャンルを見つけましょう。 「町田FANTASY」では、HIPHOPとJAZZをはじめとする様々なダンスジャンルを学べます。 HIPHOPダンスはストリートダンスの要素が強く、力強くリズミカルな動きが特徴です。 一方、JAZZダンスは洗練された動きやシンクロナイズドムーブメントが特徴で、軽やかなステップやターンが使われます。 以上のように、それぞれのダンスジャンルに特有の動きがあります。 また、HIPHOPとJAZZだけでなく他のジャンルにも挑戦してみることで、さらにダンスの楽しみを見つけられるでしょう。

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page